アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「めばる丸で行くメバル釣行」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2011.1.24(月) メバル 広島県「広島湾一帯」 胴突き釣り




■今回の遊youプランは、メバルを狙いにメバル一本釣り専門の遊漁船「めばる丸」宮田船長にお願い致しました。

■午前6時20分、船に荷物の積み込みが完了。1月24日(月)午前6時30分廿日市港を出船。広島湾の西部に位置する大黒神島や大奈佐美島沖周辺で15〜23cmが30〜50匹も釣れているという情報を船長から聞き期待を胸に大黒神島沖へ出発した。
■午前7時10分到着。左舷、佐藤様、大場様、私、右舷、古田様、井上様、伊藤様、釣座が決まり午前7時20分全員の準備が整った所で釣りスタートです。「数を釣るなら今流行のカブラ仕掛が良いよ。型を狙うのだったら餌釣の方が良いよ。」と船長。私は型狙いでいきます。
■仕掛けは名手「宮田船長」のノウハウがギッシリ詰まったアングル×ハヤブサ【めばる丸オリジナル仕掛】を使用。「眼が良く繊細なメバルを釣るなら、シンプル仕掛けが良いですよ。」と皆様に(めばる丸仕掛け)を薦める船長。これに8号の錘をセット。錘が軽ければ軽いほど餌が自然に漂うのでメバルの喰いが良いしメバルが餌をくわえた時の違和感も少ない。そして餌は小モエビ。元気で小さいものを1匹掛けにする。弱ればすぐに元気なものと交換するのがコツだそうです。竿のタックルはエイテックの【夢人 瀬戸内メバル360】に、リールはダイワ【イッツICV 150L】を装着しました。
■開始から1分をしないうちに早くも「いきなり来ましたよー」と大場様の声。取り込んだのは、22cmのメバル。大場様もモエビを使用して型狙いです。
■続いて左舷で竿を出していた佐藤様の竿が曲がる。いずれも18〜21cmのメバルが2連で針掛かりしていた。更に右舷の井上様も23cm良型メバルをゲット。
■最初のひと流しから良型メバルのオンパレードとなった。「一投目から釣れるなんて気分がいいわー」とニッコリの伊藤様。二回目に流した時も20cmを越すメバルが次々にヒット。船上では常に誰かの竿が曲がっている状態が続く。 「今日は入れ食いやね」と船長。煙草を吸いながらニコニコ顔です。
■船首で竿を出していた古田様、小型のメバルをリリースしながら良型メバルをキープしていた。「このサイズが釣れれば満足です。棚5mの所でヒットしましたよ。」と古田様。22cmのメバルを手にして笑顔を見せる。「めばる丸仕掛け」がオススメですよと古田様。その後もメバルのアタリは止まらなかった。
■特に好調だったのが船尾で釣られていた伊藤様で、カブラ仕掛で15〜24cmのメバルが入れ食いでした。「笑いが止まりません」と伊藤様。入れ食い状態は、2時間程続いた。
■そして10時納竿。「良く釣れたね。」と満面に笑みを浮かべる伊藤様。 釣果は1人当たり13cm〜24cmが19匹〜67匹。竿頭は67匹釣られました伊藤様でした。
■今回は船長の狙いがズバリ的中し、全員が数釣りを堪能する事ができました。今回御参加頂きました佐藤様、大場様、古田様、井上様、伊藤様、そして宮田船長有難う御座いました。また是非御一緒しましょう。
★アングルスタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
利用遊魚:めばる丸
(宮田船長)
出船:廿日市港
TEL:090-2800-1270
同行:佐藤様、大場様、古田様、井上様、伊藤様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.