アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「美咲丸で行く大メバル釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2011.2.16(水) メバル 愛媛県「伊予灘周辺」 胴突き釣り




■今回の遊youプランは、30cmオーバーのビックサイズのメバル狙いに、遊漁船「美咲丸」の大川船長にお願い致します。船長の腕も確かで性格も温厚なので初めての人でも楽しく釣りが出来ると評判です。また、遊漁船歴が物語るようにベテラン釣り師からも絶大な信頼を得ている釣り船です。

■急激に水温が下がった後は、一時的に食いが悪くなることもあるが今日は、どうですかねと大川船長に尋ねると大丈夫。「一人当たり10匹〜30匹は釣れるよ。釣れるサイズは、20〜28cmのサイズだ。20cm以下は少なく25cm前後がメインで30cm級も珍しくないよ。」と出船前から嬉しい釣果情報を頂き本日のメンバーはやる気満々の顔で午前6時15分、荷物を積み込みいよいよ廿日市港を出船。

■大型船は、一路メバルのポイント山口県の片島沖を目指します。

■午前7時30分、予定通りポイントに到着。左舷に川辺様、塗師村様、岡嵜様、N様、K様、M様、右舷に石岡様、松川様、丸石様、野北様、小田様、新本様と釣座が決まり、早速釣りの準備に掛かります。
■船長から潮が小さいときは、カブラ仕掛より餌釣りの方が良いけんとモエビを準備して頂き仕掛けは、名手「大川船長」のノウハウがギッシリ詰まったアングル×がまかつ【美咲丸オリジナル仕掛け3本枝針】です。

■この仕掛けの特長は、ハリス長53cmで仕掛をより自然に漂わせることが出来ます。また、フロロカーボン100%を使用していますので絡みにくくアタリがとりやすいのも◎ センタービーズですので仕掛の糸絡みを解消し餌が自然に動きます。針は「メバル王6号」掛けたメバルのバレにくささを極めた針です。
■午前7時40分、全員の準備が整った所で、本日の釣りがスタート。まずは水深50mから。早速、船首で竿を出していた石岡様が幸先よく「これは、メバルです。」と見ると、大きく曲がったメバル竿の穂先がググッと引き込まれています。25cmの良型のメバルをゲット。「棚は、底から1mですよ。」とアドバイスが飛ぶ。
■石岡様は、2流し目にも26cmを追加。これを皮切りに、バタバタとアタリラッシュ。流す度に、誰かがメバルを取り込むという状態が続く。船尾で竿を出していたベテランM様にもヒット。引きが強そうだ。竿の弾力を利用してゆっくりとリールを巻いている。時々、強い締め込みでリールを巻く手が止まる。浮上してきたのは、良型メバルだ。30cmを取り込んだ。
■開始早々から本命連発だが次々とアタリがきて歓声が上がるが、仕掛を回収する度に、近くの仕掛と絡むため、時間がかかって効率が悪い。左舷の塗師村様が25cm級のメバルをダブルでヒット。「とりあえず、ボウズは免れた。」と笑顔の塗師村様。
■船尾で竿を出していたK様が、27cmのメバルを手に「このサイズが釣れれば満足です。」と笑顔を見せる。右舷の小田様から「きたよー」と笑顔。

■隣りで竿を出していた野北様からも「こっちもだ」とほぼ同時に2人が竿を曲げ歓声が上がった。

■小田様が27cm級のメバルをダブルで取り込む。野北様は30cmの良型メバルをゲットした。良型のメバルを手に笑顔を見せる野北様。
■新本様が、ロッドをヒン曲げてリールを巻きだした。ユラユラと海面に浮いてきたのは、30cm近い大メバル。その下の針には25cm級のメバルもヒットしていた。「重いわけだ」と新本様。量感たっぷりのこのメバルは24cmと28cmもあった。
■右舷の松川様も竿を曲げています。姿を見せたのは30cm級の良型。またも松川様にアタリが出る。「おっ。調子がいいなー」と笑顔の松川様。
■隣で釣る丸石様も、仕掛を下ろして糸を張ったとたん「来た」と、丸石様にアタリが。電動リールのスイッチを入れゆっくりとリールを巻くと、いきなり竿が大きくしなります。慎重に浮かせて、一気に抜き上げて、デッキの上でメジャーを当てて検寸。すると本日の最長の32cm.「デカイデカイ」と笑顔の丸石様。

■左舷のN様の竿もギューンと絞り込まれました。笑顔でリールを巻くN様。取り込んだのは、29cmのメバルだった。この後も、3連続で同型のメバルを釣り上げるN様。

■岡嵜様も25cm前後のメバルをポツリポツリと追加していきます。「もっと入れ食いにならんといかんですね。」と岡嵜様。次々に竿を絞る良型メバルの引きを楽しんで盛り上がる。
■左舷の川辺様。「ヒット」と川辺様の竿先がググーンと引き込まれている。まもなく、25cm級のメバルが海面に現れた。「いいサイズだよ。」と笑顔の川辺様。

■午前10時やや釣れるペースは落ちたもののポイントを知り尽くしている大川船長だからこそメバルは釣れ続いた。小田様が竿を大きく曲げ「この手ごたえは、ダブルだ」と慎重にリールを巻きます。しばらくすると、大型のメバルが2匹浮上してきます。取り込んだところで測ると、26と28cmの良型のダブル。バケッに入る「ドボンッ」の快音が印象的でした。
■川辺様の竿がグイグイと引き込まれた。「これは、重いよー。」と声をあげる。引きを楽しみながら寄せてくる。取り込んだのは、26cmのメバルだった。

■本日の竿頭、野北様は積極的に誘いを繰り返しながら数を伸ばす。

■午後2時、船長より「そろそろ納竿にしましょうか。」との合図で終了となりました。帰りの船中は「1号ハリスが切られた。」「あのメバルはすごく引いた。」などと話していましたが、1人また1人と眠りに入り目が覚めると廿日市港に帰港。
■船から荷物を降ろす時、皆様のクーラーは10〜30匹、25から32cmの大メバルでとても重たくなっていました。「これがメバルか。」と思う程、所狭しと詰込まれ、ド迫力ボディに圧倒されてしまいました。
■この度、御参加頂いた、川辺様、塗師村様、岡嵜様、N様、K様、M様、石岡様、松川様、丸石様、野北様、小田様、新本様、そして、大川船長有難う御座いました。まだまだ続く船の大メバルシーズンまた皆様で楽しみましょう。
★小屋浦店スタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
利用遊漁船:美咲丸
TEL:090-6834-5290
出船:廿日市港出船
同行:川辺様、塗師村様、岡嵜様、N様、K様、M様、
石岡様、松川様、丸石様、野北様、小田様、新本様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.