アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■スタッフ同行「海上釣堀」釣行計画【大漁プラン】第14回レポート■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2012.4.23(月) マダイ・ハマチ 広島県大竹市「阿多田島 大漁丸」 海上釣堀 ウキ釣り

■4月23日快晴に恵まれた第14回の大漁プランは、4名のキャンセルがあり前回のリベンジの大漁プランの常連様、橋本様と研修を兼ねてアングルスタッフの谷君の2名とご一緒させて頂きました。

■大竹の小方港に9時集合し午前9時30分発、阿多田島行きのフェリに乗り込み、まずは阿多田島へ午前10時5分に到着。桟橋には、大漁丸さんのスタッフ佐伯様とスタッフの方が迎えて下さりそのまま釣堀へ渡して頂けます。

■本日は親子で参加チームと常連チームでイケスがわけられ早速、準備を行い午前10時20分皆様の用意が出来、釣り開始です。
■スタッフの佐伯様から「昨日22日雨の中、ハマチ、マダイが爆釣しましたので本日も爆釣間違いありませんよ。頑張って釣って下さいね。」と嬉しい釣り情報を頂き皆様やる気満々でスタートしました。
■橋本様は、仕掛セッティングも素早く、餌も研究され色々な種類を持参されていました。朝一は活性高く橋本様は、ハマチ狙いの太ハリスに大きめの針に餌は、キトキトイワシをセット。ハマチ狙いです。
■前回、悔しい思いをされた橋本様は気合のスタートです。早速、橋本様の竿が大きく曲がった。隣の仕掛と絡まないようにイッキにリールを巻かれました。あっという間にハマチが上がった。良型のハマチでした。「前回のリベンジですので今日は釣りますよ。」と笑顔の橋本様。
■対岸にいる方の竿も大きく曲がりハマチの時合来襲です。開始からハマチのオンパレードで皆様どんどん釣果がアップしていきます。一人掛かったと思ったらどんどん竿が曲がります。傾向として1匹釣り上げると何匹かがその魚に付いて上がってきます。その魚が興奮し回りの餌を捕食するようです。
■次から次に竿が曲がり「仕掛を上げて下さい。」とスタッフの方が。皆様、仕掛を上げやり取りを見守ります。橋本様、ハマチをコンスタントに釣られ、釣果を着々と伸ばされました。朝のラッシュが落ち着くと今日は急に食いが渋くなり沈黙が続き、皆様から鯛が釣れないとの声に午後12時大漁丸さん鯛を放流して下さいました。
■皆様早速、鯛のアタリが連発。鯛とハマチをキープされた福山から来られた2組の夫婦の方は、3時間かけて来たかいがありましたと笑顔でした。
■午後1時、黒ソイ、ハマチを放流して下さいました。周囲の数名のお客様がハマチをゲット。活きアジに反応。常連さんは、大島で活きアジを釣りブクブククーラーで持参。
■本日は生ミックとキトキトイワシがヒット餌で、生ミックで真鯛、キトキトイワシでハマチがよくヒットしているようでした。もちろん逆もあります。生ミックでハマチ、キトキトイワシで真鯛パターンもありますし、活きアジ、オキアミ生や海エビの冷凍を使って良く釣られている方もいらっしゃいました。
■親子チームの子供達はほとんどが初体験だったと思います。みんなの竿がどんどん曲がり入れ食いモードでした。恐らくこんなに大きな魚を釣ったのは初めてだと思います。お父さんの力を借りながら大喜びで魚とのやり取りを楽しんでました。

■釣堀で魚を釣った大きな高級魚を釣ったり普段なかなか体験出来ない事ばかりだったと思います。この度は青物の釣果が良く橋本様ハマチ7本「今日はホームランです。」と笑顔の橋本様。釣堀、初体験の谷君もハマチ1本、大鯛1匹、イサキ1匹 「病み付きになりますね」と満足顔の谷君。
■この度、ご参加頂いた、橋本様、そして大漁丸さんスタッフの皆様、有難う御座いました。
■次回は5月28日に大漁プランを予定しております。興味のある方是非ご参加下さい。アングルスタッフがお手伝い致します。
■ここで大漁丸さんからの緊急速報。「カンパチ」「シマアジ」の入荷決定。4月28日より放流開始予定です。誰が一番最初に釣るのでしょうか?
同行:橋本様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘




<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.