初心者のためのワカサギ釣り入門講座4

こんにちは、ワカサギ4段の林です。(笑) 今回はラインの話をしたいと思います。

 

ラインの種類としては、ナイロン、フロロカーボン、PEを中心に、最近ではアジング

用のエステルを使用している人もいます。

IMG_0530.jpg

 

まず、ナイロンラインの特徴として、柔らかい、伸びがある、扱いやすいなど、釣りの

各ジャンルで多く使われています。

 

長所は、柔らかいので糸なじみが良く、トラブルが少ないのと伸びがあるので、魚がバレ

にくいです。 あと安価です。

短所は、伸びがあるために感度が良くない、劣化しやすいので強度が落ちやすいところです。

 

フロロカーボンは、伸びが少ない、根ズレに強い、張りがあるのが特徴で、こちらも色々

な釣りに使用されています。 特にハリスなどは、殆どがフロロです。

 

長所は、感度がナイロンより良い、耐摩耗性に優れている、劣化もナイロンよりしないです。

短所は、硬いので扱いにくいなどです。

 

次に、PEライン。 特徴として、直線強度が強い、伸びが殆ど無い、軽いなど。

 

長所は、強いので、より細いラインを使用できる、伸びが殆ど無いので感度が非常に良い、

劣化が殆ど無い、糸すべりが良いなど。

短所は、滑る為、結びが抜け易い、擦れには弱い、価格が高いなどでしょうか。

 

エステルラインは、硬い、伸びが殆ど無い、直進性が高い、張りがあるのが特徴です。

 

長所は、伸びが少なく直進性が高い為、PEより感度がよいところ。 あと安いです。

短所は、直線強度と結節強度が少し弱いところです。

 

それぞれ、長所や短所がありますが、私のオススメはPEラインです。 少しお高いですが

長持ちするのと、感度が良いところ、強いので細い糸を使える所が利点です。

 

ワカサギの小さいアタリを取る為に、ラインにも拘りたいところですね。

 

次回は、仕掛けについて少し解説したいと思います。

 

目指せ100匹! ワカサギ初段!

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、アングル菊川店が2017年11月17日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小屋浦店釣果情報!!」です。

次のブログ記事は「☆寒さに負けず関門アジング調査☆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。